COLUM

2024.05.08

家賃の仕組み!

多くの方は、一度は賃貸住宅を借りて家賃を支払った経験があると思います。

日本は長屋文化から始まっていますので、ごくごく普通の事ですよね!

この何気なく支払っている家賃ついて一度考えてみましょう。

 

賃貸住宅の場合、家賃は大家さんに支払われます。

大家さんが賃貸管理を不動産会社に依頼する場合ももちろんあります。

大家さんは、おおよその場合、その賃貸住宅をローンを使って購入・建築しています。
(税金対策等のメリットがある為)

このローン返済は、賃貸入居者から集金した家賃から支払われ、
大家さんのローン残額が毎月減って行きます。

これが不動産投資のビジネススキームです。

 

ここで、勘の良い方は気付かれたかもしれません。

皆さんが支払われる家賃は、実は大家さんのローン支払に充てられているのです。

これは大家さんのローン返済だけでなく、資産を増やしていることにもなっています。

また賃貸住宅の場合、退去の際、特典はおろか部屋を綺麗にして退去しなくてはなりません。

購入すれば、住宅ローンを利用して、家賃と同様の支払をすることになります。

が!

自分自身の資産のローン残額が減って行くという、正反対の結果が生まれます。

 

転勤族や、どうしてもその場所に住む必要がある人など、
賃貸住宅の必要性は必ずあります。

しかし、特段の理由も無く賃貸住宅にお住まいの方には、
この仕組みについてじっくりご検討いただきたい大切なポイントとなります。

最終的には、大家さんになれれば一番良いのですけどね!

住宅ローンには様々なメリットや保証もあります。

(詳しくはコラム『住宅ローンは庶民の味方?!』をご覧ください)

 

この機会に一度、マイホームについて具体的にお考えいただければ幸いです。

Alic Style地行デザインセンターでは、あらゆる相談に無料でご対応しております。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

一覧へ戻る